和歌山市内の在宅療養支援診療所

お知らせ
お知らせ

🌸桜の季節🌸

「今日は散歩に行けたらいいのになぁ...」と、訪問に向かう車の中で先生が言います。

花冷えが少し緩み、穏やかな暖かさ

お天気が良く、吹く風も気持ちよく散歩日和です。

 

「○○さん、車いすで一緒に散歩に行かんかい? 天気いいし、 外 気持ちいいよ」と先生が誘います。

○○さんは、躊躇することなく「行こうかな...」と。

寒くないように身体を掛物で包んで、玄関まで介助し車椅子に乗せます。

 

 

体調がちょっといい日と、しんどい日があります。

ちょっと楽な時と、しんどい時... 一日の中でも、その調子は変動します。

患者さんには、「今ならできる(行けそう)」というタイミングがあります。

先生のお誘いと ○○さんのその時の体調... 今日は、そのタイミングが一致しました。

(他の患者さんでも、時々先生は気分転換に「散歩に行こう」と誘います。

...残念ながら「今日はやめとくわ」と断られることも多いのですが。。。)

 

ご主人が仕事に出かけている間、日中はお母さんが毎日来てくれています。

車椅子の○○さんと先生と私、3人で散歩に出かけます。

「行ってきまぁ~す」

散歩の間、お母さんはお留守番です。笑顔で見送ってくれます。

 

車いすの○○さん、横には先生がついて

ご近所の桜を眺めながら、

ゆっくりと ひと回り...

たわいもないことを話しながらのお出かけです。

‐‐‐‐そう、お花見に連れて行きたかったのです。

 

○○さん 「久々に外に出たわぁ... 風 気持ちいいねぇ。日差しはあったかいし」

     「そや、髪の毛切って染めようかな?」

先生   「何色?」

○○さん 「前は金髪にしたりしたんよね」

先生   「似合ってそう... 今度 金髪の写真見せてな。

      家に来てくれる美容師さんもいるし。

      いつも行ってるところが来てくれると、一番いいのにね。相談しよか...」

 

また一つ、『したいこと』…希望が見つかりました。

 

 

 

 あれから1年・・・桜の季節になりました。

 「ホームケアクリニック 城北の杜」が開業して1年です。

 出逢わせて頂いた患者さんやご家族のことを思い出します。

 時には、落ち込むこともありますが、

 ○○さんの書いてくれた『 愛 』の書に背中を押されながら

 3人で頑張っています。